04:31 2018年11月19日
独ケルンで難民受け入れ支持派と反対派の間で衝突

独ケルンで難民受け入れ支持派と反対派の間で衝突

© REUTERS / Wolfgang Rattay
欧州
短縮 URL
329

ドイルのケルンで、難民受け入れ支持派と反対派の間で衝突があった。ラジオ・ドイチェヴェレがDPA通信の情報を引用して伝えた。

それによれば、ケルンでは同時に、二つの集会が行われていた。

その一つは運動体「イスラム原理主義者(サラフィスト)に反対するサッカーファン」による集会で、およそ1千人が集まっていた。そしてこれに並行して、人種差別や難民に対する敵対的態度に反対する市民団体の集会も開かれていた。

警官隊は、2つのグループの集会参加者を引き離そうと試みたが、両者の間で散発的な衝突が生じてしまった。そのため警官隊は、催涙ガスや警棒、放水銃などを使用した。

先に届いた情報では、難民擁護派の「Airbus」グループの代表は、ドイツの労働市場を大量移民流入の現状に適応させるべきだと政府に訴え、難民が仕事を見つけ、ドイツ社会に統合するのを助けるために、低所得労働の職を多く創り出すよう求めていた。

 #Germany: 10-15,000 protesters and #antifa against fascist Hogesa gathering of 650 in #Cologne. #Koeln2510 #NoHogesa pic.twitter.com/QqK6n3WQsi

タグ
移民, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント