17:49 2017年11月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    Strasbourg / The Council of Europe

    欧州委員会 ウクライナに国際的な非難を受ける可能性があると警告

    © Flickr/ Dominique edte
    欧州
    短縮 URL
    ウクライナ危機 (341)
    11486280

    駐ウクライナ欧州委員会特別代表(人権問題担当)のクリストス・ジャコモプロス氏は、欧州評議会の諮問グループが、ウクライナの首都キエフにある独立広場(マイダン)と南部オデッサで発生した事件の調査に関して発見した違反をウクライナが考慮しなかった場合、ウクライナは国際的な非難を受け、訴訟を起こされる可能性があるとの声明を表した。

    ジャコモプロス氏は、ウクライナが行った調査過程における不備は、欧州人権条約に違反していると指摘し、もしウクライナが指摘を無視するのであれば、ウクライナ政府は欧州人権裁判所で暴力の被害者たちの訴訟に応じることになると強調した。

    欧州評議会の諮問グループは、2014年5月2日にオデッサで発生した事件についてウクライナ政府が行った調査を分析した。諮問グループは、ウクライナ政府が犯人の責任を問えなかったのは、ウクライナ側の調査の不備が原因だと考えている。

    5月2日、オデッサの労働組合会館で火災が発生し、「反マイダン」抗議行動の参加者数十人が死亡した。なお労働会館は、ロシアで活動が禁止されている過激派組織「右派セクター」とその支持者たちに放火されたと見られている。

    最新情報によると、48人が死亡し、214人が負傷した。一方で複数の情報によると、さらに48人が行方不明となっている。

    トピック
    ウクライナ危機 (341)
    タグ
    EU, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント