10:03 2017年11月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    ノルウェー当局 公に難民を歓迎せず

    ノルウェー当局 公に難民を歓迎せず

    © AP Photo/ Markku Ulander
    欧州
    短縮 URL
    0 46330

    ノルウェー当局は6日、フェイスブックに、ノルウェーが難民に地位を付与する規則を強化することを伝える「Stricter asylum regulations in Norway」というページを開設した。

    すでに予定されている難民向けの支援金の削減、難民の地位の付与を拒否された人々の帰還手続きの加速、一時滞在期間の5年から3年への変更に関する記事がある。

    ある記事では、次のように述べられている‐

    「ノルウェーに訪れる人々全員が、難民の地位に関する条約に従って保護される権利を有しているわけではない。難民の地位の付与を拒否された人々は、居住国に帰還することになる。もし自発的に帰還しなければ、力づくで帰されることになる。そのためノルウェー当局は、現在の規則と今後の移民政策の強化に関する情報提供を行いたい」。

    Not everyone who comes to Norway is entitled to protection under the Refugee Convention. People whose applications are…

    Posted by Stricter asylum regulations in Norway on 6 ноября 2015 г.

    ノルウェーの国務長官は、次のように発表した

    「我々は、難民がSNSで情報を得ているのを知っている。しかしSNSには常に噂がたくさんある。そのため、ふさわしいチャンネルに入って、確かな情報を提供することが重要だ」。

    ノルウェー入国管理局(UDI)も、難民流入に歯止めをかけるためにSNSの利用を開始した。UDIのツイッターのページでは、複数の言語で、ロシアとノルウェーの国境を経由して到着した、難民の立場の付与を必要としないアフガニスタン国籍の成人は、カブールへ追放される危険性があると伝えられている。

    最後の記事では、侮辱、脅威、人種差別的な発言を含むコメントは削除されると指摘されている。どうやらノルウェーには、現在の移民政策を強く支持する人々が大勢いるようだ。

    タグ
    移民, ノルウェー
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント