04:17 2018年08月20日
欧州でプーチン大統領を射撃演習の標的に使用

欧州でプーチン大統領を射撃演習の標的に使用

© Sputnik / Valery Melnikov
欧州
短縮 URL
3425

独の兵器雑誌「ダス・ドイチェ・ヴァッフェン」ジャーナル10月号に掲載された治安維持機関の職員を対象とする第14回国際射撃演習についての記事に、プーチン大統領とそのボディーガードと思われる人物をかたどった標的が使用されている写真が発表されていた。

その標的には数多くの銃痕が見て取れる。

プーチン大統領は射撃用のオブジェクトには入っていなかった。理由は組織者らの構想ではプーチン大統領には逆に当たらないように撃つという課題だったからだ。

演習はオーストリアのブレゲンツ市に近いケンネルバフ市で行われ、オーストリア、スイス、ドイツ、ルクセンブルグ、モナコの5カ国から政治家のボディーガード241人が参加した。

タグ
ウラジーミル・プーチン, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント