07:20 2019年03月25日
英国情報機関 コンピューターのハッキングを初めて認める

英国情報機関 コンピューターのハッキングを初めて認める

© Fotolia / Showcake
欧州
短縮 URL
1120

英国の政府通信本部(GCHQ)は、コンピューターをハッキングしたことを初めて認めた。フィナンシャル・タイムズ紙が報じた。

フィナンシャル・タイムズ紙によると、インターネット企業やプライバシー擁護者らが 英調査権限審判所(IPT)に、GCHQがコンピューターネットワークへ侵入したと訴えた後、GCHQはハッキングの事実を認めたという。

伝えられたところによると、IPTに訴えたのは複数のインターネットサービスプロバイダーと人権擁護団体「プライバシー・インターナショナル」。
原告の代表者ベン・ジェフリー氏によると、先にGCHQの代表者らは、プライベートネットワークやデバイスをハッキングする技術的能力を持っていることを否定もしなければ肯定したこともなかったという。

ジェフリー氏は、GCHQは監視のために、ユーザーのデバイスに長期間 居座るソフトウェアや、「情報と引き換えに技術サポートをする」ように、インターネット接続を切断すると同時に停止する「ワンオフ」監視プログラムを使用していると指摘した。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント