03:40 2021年04月16日
欧州
短縮 URL
4414
でフォローする

英国のキャメロン首相はシリアにおける軍事作戦に反対する人を「テロリズムの味方」と規定した。このような発言は「英国の民主主義というものの欠陥をまざまざと示している」。インディペンデント紙が伝えた。

社会調査によれば、英国市民の半数が中東空爆に反対している。そうなると、英国首相によれば、3000万人の市民がテロのシンパということになる。これほど支持勢力があるならば、ISが選挙に勝つことさえできるだろう、とインディペンデント。

関連:

ロシア 英国のシリアでの軍事作戦開始について自国の立場を表明
オバマ大統領 英国のシリアでの「DAESH(IS)」空爆承認を歓迎
英国情報機関 コンピューターのハッキングを初めて認める
英国政府 イエメンでの戦争犯罪を提訴する用意あり
タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント