15:26 2018年11月16日
マリーヌ・ルペン氏

仏州議会選挙 マリーヌ・ルペン氏の「国民戦線」がトップ

© AP Photo / Michel Spingler
欧州
短縮 URL
4191

フランスで行われた州議会選挙で、マリーヌ・ルペン氏が党首を務める「国民戦線」が現時点でトップに立っている。ロイター通信が報じた。

出口調査によると、「国民戦線」の得票率は、フランス北部と北東部で30パーセントを超えている。2位は、サルコジ前仏大統領が率いる共和党で得票率はおよそ27パーセント、3位はオランド大統領率いる社会党。

ルペン氏は、現在の結果を、フランスにとって歴史的な出来事だと指摘し、「国民戦線」に投票したのは、「息苦しいシステムの代わりとなるものを明確に選択した愛国者たち」であると述べた。

フランス州議会選挙は2回投票制。今回の選挙は、全政党にとって、2017年の大統領選挙の前哨戦とみなされている。

州議会選挙第2回投票は、13日に実施される予定。

タグ
フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント