17:43 2020年10月24日
欧州
短縮 URL
0 01
でフォローする

ドイツの言語学者らによれば、「難民」という言葉が年の最も重要な言葉となった。金曜、現地メディアが報じた。

ドイツ語協会の専門家グループは「今年社会の議論の的となり、政治、社会、経済的生活に特別な彩りを添えた」言葉として、2500の候補の中からFluechtlingeという言葉を選んだ。

第2位は「私はシャルリ(Je Suis Charlie)」。1月に諷刺誌シャルリ・エブド編集部が襲撃されたフランスとの結束を叫ぶ言葉だ。

第3位は「グレクシット」。ギリシャが債務危機でユーロ圏を離脱する脅威が高まったときよく言われた言葉だ。

関連:

フィンランド政府、難民グループをロシアに送還
フィンランド政府、難民向け社会保障削減へ
難民を装うテロリストはいない、だが断定も不可能-国連難民高等弁務官事務所
フランスの町カレー 難民キャンプでの暴動に関連して安全対策を強化 (動画)
タグ
移民, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント