00:34 2019年12月10日
帰国する難民達、「スウェーデンよりイラクがよい」

帰国する難民達、「スウェーデンよりイラクがよい」

© AP Photo / TT News Agency/Drago Prvulovic
欧州
短縮 URL
2212
でフォローする

ここ数カ月間で、難民申請を撤回する人達の数が激増した。ストックホルム駐在のフッセン(Baker Fattah Hussen)イラク大使は、新聞「Svenska Dagbladet」の取材に応じた中で「毎日、スウェーデン出国用の一時書類交付を求める人が、15人から20人大使館を訪れている」と伝えた。

今年11月、昨年の同じ時期に比べ4倍以上の人々が、自分の避難・亡命申請を撤回した。幻滅を感じている多くの人達は、イラク市民だ。

イラクからの難民であるアリアド・エマド(Arshad Emad)さんとラスル・アブドゥルカリム(Rasol Abdulkarim)さんは、新聞の取材に対し「イラクでは、スウェーデンはあたかも、移民が住んで仕事をするのが簡単なように言われている」と述べた。

またエマドさんは、次のように語っている―「イラクでは、皆、スウェーデンについて話している。ニュースの中でも言われているほどだ。そこでは、永住許可を得られ、よい住居がもらえ、仕事もできるし、家族を自分のもとに呼び寄せる事もできる、そんな風に語られている。

しかし私には住居も仕事も、まだない。スウェーデンに来て数か月になるが、当局は、移民政策を大きく変えてしまった。今や自分の家族を呼ぶことも、できないだろう。」

今年、スウェーデンへ3300人が難民申請をしたが、実際の難民数は、もっと多いと見られている。多くの人達が、移民当局に単に届け出をしていないからだ。

同様の状況は、お隣のフィンランドでも見られる。フィンランド移民庁のデータでは、今年初めから12月8日までで、難民申請の41%が撤回された。難民達は、家庭的な理由からしばしばそうした決定を下しているが、多くの人達は「自分達の期待どおりにはいかなかった」と不満を口にしている。

関連:

ドイツの言語学者によれば今年の言葉は「難民」
フィンランド政府、難民グループをロシアに送還
フランスの町カレー 難民キャンプでの暴動に関連して安全対策を強化 (動画)
タグ
移民
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント