04:20 2018年07月16日
アドルフ・ヒトラー

ドイツの学者、ヒトラーのデリケートな医学的問題を明かす

© Sputnik /
欧州
短縮 URL
442

ドイツのペーター・フレイシュマン教授によれば、アドルフ・ヒトラーが右の睾丸に問題を抱えていたことに関する反証不能の証明が見つかった。金曜、The Telegraphが報じた。

歴史家によれば、2010年に競売にかけられ、のちバイエルン州政府が研究のために取得したヒトラーの医学書類にそれが示されている。

同教授は1923年、ミュンヘン一揆後にヒトラーが収監された牢獄付きの医師、ジェゼフ・シュタイナーの報告書を入手した。

それには、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)指導者が停留睾丸と呼ばれる、陰嚢内に右睾丸が降りてこない病気に苦しんでいたことが証明されている。カルテには、健康で頑強だが、右停留睾丸である、と記されている。

The Telegraphによれば、これはヒトラーに子供がいなかった理由になり得る。これまでヒトラーの睾丸は第二次世界大戦中榴散弾に当たってひとつ損傷した、とされていた。

なおミュンヘン一揆は、ヒトラーおよびリューデンドルフ将軍率いるナチ党が1923年11月9日にミュンヘンで起こした、失敗に終わったクーデター。

タグ
歴史, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント