02:00 2020年10月31日
欧州
短縮 URL
160
でフォローする

ポーランドのドラフスコ村の幾つかの農村墓地で考古学者らが調査を行なった。学者らは複数の墓に頸部と腰部に鎌を持った骨格が横たえられているのを発見した。

​このような風変わりな仕方で埋葬されていたのは、16-17世紀の故人たち。Livescienceが報じた。考古学者らによれば、この風習は、故人を悪霊から守ろうとする住民の願い、または埋葬者の「悪魔」または「吸血鬼」への帰属を証明するものだ。

埋葬者は年齢35-44歳の男性1人と4人の女性で、年齢は19-60歳。

タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント