12:59 2018年10月24日
ドイツ、トルコから自身の地対空ミサイル「パトリオット」を引き上げる

ドイツ、トルコから自身の地対空ミサイル「パトリオット」を引き上げる

© AFP 2018 / JOHN MACDOUGALL
欧州
短縮 URL
1360

トルコに先に配備されていたドイツの地対空ミサイル「パトリオット」が船でイスケンデルン港から引き上げられた。水曜、港湾の情報筋の情報として、Anadoluが報じた。

先にドイツ政府は、トルコのカフラマンマラシュ地方で働いていた地対空大隊2部隊と250人の兵士を含む軍事ミッションは、来年1月に期限を満了する、と発表していた。

NATO加盟諸国の「パトリオット」大隊6部隊(米国、独、オランダで2つずつ)は2013年1月、シリアとの国境に近いトルコの地方に配備され、シリアからのあり得べき攻撃から各国を守る任に当たっていた。昨年9月14日、スペインはトルコに自国の地対空ミサイル「パトリオット」を送り、オランダに替わることを決めた。

タグ
武器・兵器, パトリオットミサイル, トルコ, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント