07:16 2018年07月17日
世論調査:ロンドンの住民5人のうち4人がテロの犠牲になることを恐れている

世論調査:ロンドンの住民5人のうち4人がテロの犠牲になることを恐れている

© Flickr / Andrew Stawarz
欧州
短縮 URL
261

ポータルサイト「ユーゴフ(YouGov)」の世論調査によると、パリ連続テロ事件後、英ロンドンの住民の6人に1人が、ロンドンでテロが起こった場合のリスクを軽減するために、生活習慣を変えた。ロンドンの住民たちは、公共の場に行くことを避けたり、公共交通機関の利用を控えているという。

世論調査によると、ロンドンに住む5人のうち4人が、テロリストの次なる標的がロンドンになることを恐れている。

歌手のジュエル・ストークスさんは、テレビRTの取材で、次のように語った-

「テロの脅威と、テロが呼び起こす恐怖は、明らかに私の仕事に影響を与えています。私はどこかへ行きたいと思う気持ちを失ってしまいました」。

またジュエルさんは、大勢の人が集まる場所へ行ったり、公共交通機関を利用することも控えている。ジュエルさんは以前、年末年始の休暇の時期には劇場に通っていたが、今は劇場へ行くことはないという。

ジュエルさんは、次のように語っている-

「私は今、安全だと感じることができません。多くの人がおびえています。政府がシリアで空爆をすると決めたからです。大多数の英国人が、シリアで空爆を行うべきではないと考えています。イラクで何が起こったのかを見てみてください!罪のない人々が命を落としたのです。これは過激化を促進するだけです。もし私の家族の誰かが犠牲になったら、私は激怒するでしょう」。

心理学者たちによると、大きな悲劇に見舞われた後、人々は通常、パニック発作、うつ病、心的外傷後ストレス障害などに苦しむという。

どこに脅威が隠れているか分からない今、短期的な過剰反応は、日常生活にとって当たり前のものへと様変わりしているかのようだ。

タグ
テロ, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント