01:00 2018年09月26日
ケルンでパキスタンとシリアからの移住者に対する襲撃が相次ぐ

ケルンでパキスタンとシリアからの移住者に対する襲撃が相次ぐ

© REUTERS / Yannis Behrakis
欧州
短縮 URL
1213

ケルンでパキスタンからの移住者とシリアからの難民に対する襲撃が二件起こった。襲撃による犠牲者も出た。リア・ノーボスチ通信が伝えたところによると、最初の襲撃は20人から成る集団によって行われたということだ。

彼らは六人組のパキスタンに対して殴りかかり、結果として三人に治療が施されることとなった。別の事件では39歳のシリア人が暴行を受け軽傷を負ったと警察に伝えられた。いくつかの情報によると、「人狩り」のスローガンのもとに行われ、これについてロックグループとサッカーファンとの間で了解が取られていたということだ。警察は原因の解明について調査を続けるもこれに関して確認は取れていない。

タグ
移民, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント