02:42 2017年05月28日
東京+ 18°C
モスクワ+ 15°C
    ベルリンで難民とみられる男たちがロシア系ドイツ人の少女に暴行

    ベルリンで難民とみられる男たちがロシア系ドイツ人の少女に暴行

    © AFP 2017/ ODD ANDERSEN
    欧州
    短縮 URL
    610362136

    ドイツの首都ベルリンで中東からの難民とみられる3人の男が、ロシア系ドイツ人の少女を暴行した。16日、ロシアのテレビ局「第一チャンネル」が伝えた。

    少女は1月11日朝、学校に行く途中に連れ去られた(サイトGenosse.suによると、この少女は13歳で、ロシア系ドイツ人家庭で暮らしている)。少女はバスに乗り、Sバーン電車のマールスドルフ駅に到着した。しかし少女は駅の構内には入らず、翌日、路上で発見された。

    少女のおばの話によると、中東出身者のような外国人が少女に近づき、少女は学校まで送ってあげると言われて車に乗った。車には、数人の男が乗っていたという。少女のおばは、次のように語った-

    「姪によると、アパートにはベッドが一つしかなく、床にはマットレスが横たわっていたそうです。部屋の中には他に何もなかったそうです。男たちは姪をベッドに押し倒し、いかがわしい行為をしました。彼らは3人おり、よそ者だったそうです」。

    おばによると、暴行を加えられた少女は、30時間後に路上に置き去りにされた。

    少女の親族たちによると、警察は犯人の捜索を拒否しているという。

    関連:

    オーストリア、移民を理由にシェンゲン制度を停止
    タグ
    移民, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント