03:13 2018年02月19日
東京+ 2°C
モスクワ-3°C
    英語を話せないイスラム教徒の女性 英国から国外退去の可能性

    英語を話せないイスラム教徒の女性 英国から国外退去の可能性

    © AFP 2018/ Nicolas Asfouri
    欧州
    短縮 URL
    0 611

    英国で暮らし始めてから2年半が経過しても英語を習得できなかったイスラム教徒の女性は、国外退去となる可能性がある。英キャメロン首相が18日、BBCラジオで伝えた。

    キャメロン首相によると、政府は市民の急進主義化を防止するために、このような厳しい措置を取らざるを得ない。なぜなら、滞在国の言語で「正確に説明」できないことが、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」のような過激派組織のプロパガンダに「より感化されやすい」人をつくり出すからだという。

    キャメロン首相は、イスラム教徒の男性が、家族の女性に語学を学ばせようとしないことは「男女差別」だとし、このような状況は許されないと指摘した。

    首相は、もし女性が英国に滞在してから2年半が経過しても英語を話せない場合、「彼らが英国に残れるという保障を与えられる者は誰もいない」と警告した。

    なおキャメロン首相によると、その場合、もし子供がいたとしても、国外退去の決定を見直す根拠にはならないという。

    キャメロン首相は、新たな措置は今年10月にも有効となり、配偶者ビザで英国に入国する全ての人が対象になると伝えた。

    タグ
    デーヴィッド・キャメロン, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント