06:32 2020年08月10日
欧州
短縮 URL
0 02
でフォローする

エストニアのオテピャ市の遊園地「ウィンタープレイス」で、昨年12月初頭に連れてこられたトナカイ5頭のうち2頭が死亡、残り3頭も重体となっている。ポータルサイト「ポスティミース」が報じた。

「我々にとって非常に悲しい一日となった。短い時間でトナカイが2頭も死んだ。12月に5頭が連れてこられた。ほんの数日前まで楽しく園内を歩いていたのだ」。園長のシイム・カルダ氏が述べた。

獣医によれば、死因は粗食。来園者がお菓子や小麦製品、野菜など消化できない餌を与えたことだという。野生のトナカイはコケや地衣類を食べる。

園長によれば、残り3頭を救うには獣医の助けが必要であり、この先も末永く来園者やスタッフを楽しませてくれるよう願う、とのこと。

タグ
事件, 動物, エストニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント