21:58 2021年10月16日
欧州
短縮 URL
131
でフォローする

ベルギーはイラクからの移民111人を故郷に帰すためのチャーター便を手配した。いずれも難民指定を待つことを諦め、自発的に国に帰ることを決めた人たち。RTBFが報じた。

「これは自発的な帰還だ。強制送還ではない。帰還を望む人たちがおり、我々はそれに手を貸すだけだ」。ベルギーの移民・難民担当国務長官テオ・フランケン氏が述べた。テレビ放送VRTが伝えた。
イラク移民の故郷への帰還は初めてではないが、EU加盟国が国として旅客機を手配し、バグダッドに送り届けるのは初だという。

昨年9月および10月、数週間の間に、ベルギーにイラク人7000人が押し寄せた。今、うちの一部が帰郷を望んでいる。「期待が外れた」ためだ。彼らを欧州に送り届けた仲介者らは、快適な暮らしが手に入り、すぐに仕事も始められる、と喧伝していたが、来てみると実状は全然違った、というわけだ。

関連:

さらばEU?
ドイツの右派政治家、移民を撃つよう呼びかけ
メルケル首相:戦争が終わったなら、難民たちは故郷に帰るべきだ
タグ
ベルギー, 欧州, 移民
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント