03:29 2019年07月19日
英国 メス猫フェリクスが駅の主任監督官に

英国 メス猫フェリクスが駅の主任監督官に

© Flickr/ Aftab Uzzaman
欧州
短縮 URL
0 81

英国ウエスト・ヨークシャーのハダーズフィールド駅の主任監督官に、このほどメス猫のフェリクスが就任した。新聞「デイリー・メール」が報じた。

​フェリクスは、2011年からすでに駅で「働いている」。彼女は、生後9週間の時に駅に届けられ、子猫で性別がはっきりしないままフェリクスと名付けられたが、その後メスである事が判明した。しかし、名前はそのままとなった。

フェリクスの仕事の中には、ネズミの捕獲、乗客の接待などが含まれている。なお給料として、彼女には、エサが保証されている。また仕事熱心である場合には、賞与も渡される。

そして今度、彼女は、害敵駆除業務の主任監督官に任命され、特別のユニフォームと名前付きのバッジが支給された。

彼女は、駅の職員らの評判もよく、乗客にも愛されている。またフェイスブックには、自分のページも持っている。

関連:

モスクワ動物園の動物たち
体を鍛えねば:怠け者の猫、体作りを決意
プーチン大統領から猫をもらった秋田県知事、動物愛護施設建設へ
タグ
動物, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント