15:09 2020年05月25日
欧州
短縮 URL
0 518
でフォローする

難民収容施設にセクト「エホバの証人」の代表らの姿がよく見られるようになっている。

難民22人が旧老人ホームに住んでいるデンマークの小さな町フラウエンスキオルドで、最近次のようなことがあった。謎の女性が難民数人を老人ホームから連れ出した。戻ってきたとき、彼らは興奮状態で、センター訪問者ニーナ・デウルフ・セムロフ氏に対し、「エホバの証人」の集まりに参加していた、と述べた。

赤十字地方支部のソルヴェイグ・ヴェスタガード氏によれば、エホバの証人たちは特別に難民センターを訪問し、将来の信者を探しているという。
同様の状況が他の自治体でも見られる。

「エホバの証人」の担当研究者、アニカ・フヴィタマル氏によれば、デンマークで同セクト新メンバーのうち最大多数を占めているのが難民。「エホバの証人」は2013年2月、コペンハーゲンにアラビア語のグループを設置している。

難民センター長ニーナ・スヴェンセン氏によると、あるときエホバの証人たちに退去を求めたところ、彼らは敷地の境界上に誇示するように立ったという。

関連:

ブルガリア、難民からの国境警備に軍隊配備へ
米俳優クルーニーさん、メルケル首相とシリア危機、難民問題を討議
メルケル首相:戦争が終わったなら、難民たちは故郷に帰るべきだ
タグ
移民
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント