09:14 2016年12月11日
東京+ 4°C
モスクワ-6°C
    「性教育」に関するコースを受講した難民少年 ベルギー女性をレイプ

    「性教育」に関するコースを受講した難民少年 ベルギー女性をレイプ

    © REUTERS/ Fyodor Porokhin
    欧州
    短縮 URL
    1202224

    ベルギーの都市メネンで、国際赤十字と赤半月社が運営するセンターの女子職員が、16歳のアフガン移民の少年に襲われレイプされた事件が、人々に大きなショックを与えている。この少年は前に、女性に対する態度やエチケットを学ぶ性教育の特別講習を受けていた。

    国際赤十字社のスポークスマン、アン・レイテン氏は、RTの取材に対し、次のように答えている-「メネンの難民センターにすでに5か月滞在していたアフガニスタン人の未成年男性が、地下の台所で働く若い女性職員のもとに行き、恐らくそこで、レイプしたと思われる」。

    スポークスマンによれば、未成年の移民達が、ベルギーにやって来ると、赤十字社フランダース・センターの職員達は、まず第一に彼らに、いわゆる「性教育」の講習を受けさせるとの事だ。

    なお難民達に、EUで常識とされる社会規範を教える取り組みは、ベルギーばかりでなく、他の欧州諸国でも行われている。

    関連:

    ベルギー フランスとの国境で国境管理を導入
    ドイツの難民収容施設となっている元ホテルで火災 地元住民は喜ぶ
    カレーの難民キャンプ、警察の参加なしで分居
    タグ
    移民, ベルギー
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      もともと、相手(アラブ系)のバックグラウンドを考慮していないで講習したからこうなる。
      アラブ系をよくわかっている者に助言をもらうのは常識だろ?
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース