00:39 2018年05月27日
東京+ 19°C
モスクワ+ 20°C
    ツィプラス首相

    EU ギリシャに対し単独で難民流入を抑えるよう求める

    © REUTERS / Alkis Konstantinidis
    欧州
    短縮 URL
    373

    昨日ウィーンで難民流入危機問題に関する国際会議が開かれ、オーストリア及び一連のバルカン諸国の代表が出席したが、自国領内を通って多くの難民が欧州へと向かうギリシャは、この会合に招かれなかった。

    会議では「問題は、個々の国の努力ではなくEUの枠内で解決する必要がある。問題はグローバルなものであり、解決に向け、欧州は力を合わせる事が求められている」との意見が出された。しかし、実際のところ、会議では「ギリシャは自分で、自国国境の秩序を確立しなければならない」との結論が出されている。この問題解決にEU側は、ギリシャ政府に3カ月の猶予を与えた。

    なおギリシャのツィプラス(チプラス)首相は、すでに「もしEUが、加盟国すべてに、大量の難民流入による重荷を分け合う事を義務付けなければ、ギリシャは、3月7日に計画されている難民問題に関するrEU-トルコ首脳会議の決定をボイコットする」と警告している。

    タグ
    移民, ギリシャ, EU
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント