12:54 2018年07月23日
ラトビアのロシアへの統合に関するユーモアを含んだ請願作成者に半年の禁固刑

ラトビアのロシアへの統合に関するユーモアを含んだ請願作成者に半年の禁固刑

© Fotolia / Kostyantyn Ivanyshen
欧州
短縮 URL
108

ラトビアの首都リガの裁判所は、ラトビアのロシアへの統合についてユーモアを含んだ請願書を作成した、マクシム・コプテロフ氏に対し、6カ月の禁固刑の判決を下した。26日、ラトビアのニュース・ポータル・サイトDelfiが伝えた。

コプテロフ氏の弁護人は、今回の判決を厳しすぎると捉えている。

弁護人は、次のように述べた-

「6カ月の禁固とは、厳しすぎる。言論の自由が制限される可能性があることを示している。国の領土保全を損なうべきだとするアピールは、具体的で、二重性のないはっきりとしたものであるべきだ。その人物が、実際に、国家の独立性を根絶すべきだと、明らかに訴えている場合のみに限る。今回の場合、コプテロフ氏の冗談めいた請願を罪に問う証拠には、説得力がない。」

関連:

トルコ人男性 大統領を侮辱したとして自分の妻を提訴
仏大統領、虐待の夫殺害の女性に恩赦
中国、赤ちゃんを売った男性が処刑
タグ
ロシア, ラトビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント