19:51 2018年06月22日
チェコ、難民への恐怖から銃の購買が急増

チェコ、難民への恐怖から銃の購買が急増

© Sputnik / Vladimir Pesnya
欧州
短縮 URL
122

チェコで銃器携帯許可申請の数が急増している。チェコでの銃器携帯の目的は以前はスポーツに限定されていたが、今や主たる目的は護身。しかもその中には難民から身を守る。

2005年、チェコにおける銃携帯登録数はおよそ62万1千件だった。ところが昨2015年にはこの数は80万件を超えた。しかもこの数値は上げ止まりではない。銃携帯者数はこの数倍になると予測されている。銃携帯申請数者はますます増加しており、これと同時に射撃訓練受講の希望者数も増えている。

銃携帯者たちはこの急増の原因について難民が大量に流入したこと、テロの危険性が高まっていることを挙げている。

首都プラハのカプストヴナ射撃場でチェコTVからのインタビューに応じたイルジ・オッタ氏は、「これは単なる関心ではありません。ここには実際に射撃を身につけたい人が押し寄せているのです。それにこれだけ武器に関心が高まった背景には難民問題があります。みんな恐れているのです」と語っている。

タグ
移民, チェコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント