08:08 2018年05月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 15°C
    帰国する難民達、「スウェーデンよりイラクがよい」

    フランス警察 カレーの移民キャンプ解体のさい催涙ガスを使用

    © AP Photo / TT News Agency/Drago Prvulovic
    欧州
    短縮 URL
    0 11

    フランス当局は、同国北部の港湾都市カレー郊外にある大規模な移民キャンプの南部区画で、違法な建築物を解体する作業に着手した。29日、AP通信が伝えた。

    一方英国の新聞「デイリーメール(Daily Mail)」は、「フランス警察の特務部隊は、キャンプの住人の一部が投石を始めた事から、催涙ガスを使用せざるを得なかった」と報じた。

    その際、キャンプで作業している移民規制に反対する英国の運動組織「ノーボーダーズ」の活動家らが、フランス当局の行動を非難し、活動家1人が逮捕された。カレー郊外の大規模な移民キャンプは、通称「ジャングル」と言われているが、英国の俳優ジュード・ロウも訪れた。彼は、キャメロン首相に対し、不法移民達の子供達が英国に入れるよう求めている。

    先にフランスの裁判所は、宗教施設、学校そして病院を除く、キャンプのあらゆる建築物を解体すべきだと命じた。移民達は、近くの別のキャンプに移されることになる。不法な建物の解体作業は、木曜日に始まった。

    関連:

    ドイツ、難民13万人が失踪
    独議会、難民の迅速な国外退去に賛成
    ロンドン、難民一家に百万ポンドの家が割り当てられる
    タグ
    移民, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント