00:34 2020年10月21日
欧州
短縮 URL
ウクライナ危機 (347)
113
でフォローする

ウクライナのポロシェンコの大統領はドネツクとルガンスクの両「人民共和国」の自治を問う住民投票を実施する可能性を検討している。ポータルZN.UAより。

住民投票はキエフ当局が管理できていないドンバスの両地域で選挙に代わるものとして考えられている。

ポロシェンコ大統領は定期的に自身が2015年に否定した理念に回帰している。「動機は明らかだ。市民が賛成すれば、大統領は決定責任を回避でき、支持率をキープできる。市民が反対すれば、ミンスク合意の不履行を民衆の反対のためとして正当化することができる。しかしこのような正当化がロシアは言うまでもなく、ドイツや米国に受け入れられるかは疑問だ」と同ポータル。

トピック
ウクライナ危機 (347)
タグ
ペトロ・ポロシェンコ, ドンバス, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント