11:42 2020年12月04日
欧州
短縮 URL
1170
でフォローする

英ロンドンのボリス・ジョンソン市長は、オバマ米大統領が英国のEU離脱の是非を問う国民投票でEU残留に投票するよう英国市民を説得しようとしていることについて、「言語道断で想像を絶する偽善的行為」の例だと指摘した。

マスコミによると、オバマ大統領は4月に英国を訪問し、6月23日に予定されているEU離脱に関する国民投票で残留に投票するよう英国市民に呼び掛ける見込み。

なお次期首相と目されるジョンソン市長は、英国のEU離脱を支持している。

ジョンソン市長は、オバマ大統領が英国のEU残留を呼びかける主な論拠は、EUに残留した場合にのみ、英国は国際政治への影響力を維持することが可能だというものだとの確信を示し、「これは重要な論拠であり、真剣に検討する必要がある。私は、これは完全に間違っており、言語道断で想像を絶する偽善的行為の例だと考えている」と指摘した。

関連:

英国政府、EU加盟のための新たな条件に関する協定を国連に登録
EU離脱、ロンドン市長は賛成、英国実業界は反対
メルケル首相パニック「英国のEU残留には何が必要?」
タグ
バラク・オバマ, 欧州, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント