10:17 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    独の元エージェント、米露のために二重スパイ活動を行っていた

    独の元エージェント、米露のために二重スパイ活動を行っていた

    © Flickr/ Philippe Put
    欧州
    短縮 URL
    136504

    独諜報機関の元エージェントが米国、ロシアのためにスパイ活動を行ったとして8年の禁固刑を言い渡された。17日、AP通信が報じた。

    ミュンヘン裁判所はマルクス・R被告が外国の諜報機関に機密情報を渡した罪を認めた。捜査情報によれば、マルクス被告は2008年から2014年の間におよそ200枚の機密情報をCIAに渡し、報酬として8万ユーロを得ていた。

    このほかマルクス被告は米諜報機関に海外で勤務するドイツ人エージェントのリストを渡しており、本名および外国でのスパイ行為を行う際に用いる名前の両方を明かしていた。

    マルクス被告は2014年、逮捕まで間もない時期にロシアに対しても3つの「極めて重要な」文書を渡し、その後、ロシアとの関係を絶っていた。AP通信が報じた。

    被告は罪を認めており、「やり場のなさと退屈」からこうした行為に及んだと説明している。

    関連:

    中国、スパイ容疑の邦人2人を拘束、1人は逮捕
    タグ
    ドイツ, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント