23:42 2017年08月22日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    シュピーゲル誌 特派員をトルコから召還

    シュピーゲル誌 特派員をトルコから召還

    © Flickr/ Frank Friedrichs
    欧州
    短縮 URL
    0 31360

    独誌シュピーゲルは、トルコでジャーナリストとして活動を続けるために必要な記者証の延長をトルコ当局が拒否したため、同誌のハスナイン・カジム特派員をトルコから召還することを決めた。

    シュピーゲルのフロリアン・ハームス編集長は、トルコが記者証の延長を拒否したことについて、これは報道の自由に対して向けられたものだと考えている。

    編集長は、次のように発表したー

    「カジム特派員は多くの報告で公正に振舞った。しかし役人の過ちについては、良いジャーナリストであるならばそうするべきであるように批判する面もあった。トルコ当局の行為は、我々の特派員の現場からの報告が理由で、これ以上カジム特派員にトルコにいて欲しくないのだと考えさせるものだ。それ以外の結論は考えられない。」

    編集長はまた、シュピーゲルはトルコの出来事を今後も「公正に」伝え続けると述べた。

    先にドイツのメルケル首相とトルコのダウトオール首相は、反政府派のトルコ紙「ザマン」がトルコ政府の管理下に置かれたと報じられた後、報道の自由について議論した。

    タグ
    ドイツ, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント