00:08 2020年10月21日
欧州
短縮 URL
ブリュッセルで爆発 (41)
121
でフォローする

ベルギーで拘束された、アブデラマン・アメルドなるイスラム主義者の男性は、邪悪な魔術の儀式を行おうとしていた可能性がある。また別の説によれば、この男は、細菌兵器を用いようとしていたとの事だ。8日、情報サイトDH.be.が伝えた。

この男は、3月25日実施された警察の特別作戦のさい、首都ブリュッセルのメイザー広場近くで、パリでの同時テロに関与した疑いで拘束された。

所持品のリュックサックの中から、警官らは、死に至る危険な病気を呼び起こす可能性のあるネズミの内臓や糞の入ったポリエチレン製の袋を発見した。

なおサイトは「これだけでは、実際、いかなる脅威にもならないが、容疑者は、細菌兵器を準備しようとしていたのかもしれない」と推測している。

また、これに関連して、アメルド容疑者が、何らかの黒魔術的儀式を行おうとしていたことも有り得るとする向きもある。

トピック
ブリュッセルで爆発 (41)
タグ
ベルギー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント