02:29 2017年10月23日
東京+ 17°C
モスクワ+ 0°C
    欧州理事会のドナルド・トゥスク議長

    EU大統領「EUは、自分達の安全保障の鍵をトルコに渡すべきではない」

    © AP Photo/ Virginia Mayo
    欧州
    短縮 URL
    131180

    フランスの新聞「フィガロ(Le Figaro)」に掲載された論文の中で、EUのトゥスク大統領(常任理事会議長)は「EUは、首尾一貫した唯一の移民政策を作成する義務を負っており、その際、自分達の安全保障の鍵を他の国、まず第一にトルコに渡すべきではない」との考え方を示した。

    トゥスク大統領は、論文の中で「そうでなければ、欧州の新たな譲歩は『弱さ』と受け止められ、EUを恐喝しようとの意欲を促すものとなる」と警告し、さらに次のように述べている―

    「EUは、移民危機の今後の調整に関し、トルコ当局との交渉でしっかりとした立場をとらなければならない。

    トルコとの最近の経験は、EUは自分達の譲歩の限界を明確にすべきだという事を示している。金銭上の交渉は行う事もできるが、決して我々の価値観について話し合う事はない。我々は、自分達のルールを他の世界に押し付ける事は出来ないが、それと全く同じように他の世界も、我々に彼らの規範を押し付ける事は出来ない。

    言論の自由を含めた、我々の自由が、パートナーとの間で何らかの政治的取引の対象になる事はないだろう。トルコのエルドアン大統領も、このメッセージに耳を傾けるべきである。」

    タグ
    移民, トルコ, EU
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント