17:30 2018年09月24日
カレー

英国、カレーを扱うレストランが絶滅の危機

© Flickr/ yoppy
欧州
短縮 URL
0 411

英国のレストランでカレーが絶滅の危機だ。新しい移民ルールでプロのシェフが雇えなくなる。インディペンデントが報じた。

この18ヶ月の間に全国でカレーを扱う店が600店、閉店した。近々閉店予定がさらに4000(業界の約3分の1)ある。

経営者らによれば、原因はアジアからの有能なシェフを誘致する際に関係する移民関連法の厳格化。これがビジネスを妨げているという。

これが原因で多くのレストランが十分な調理、サービスを行えなくなっているという。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント