05:20 2018年07月23日
フランス警察

フランス国民の大半が国内の社会的「爆発」を恐れている

© AFP 2018 / Pascal Guyot
欧州
短縮 URL
3100

「エラブ」の世論調査によると、フランス人の78%が同国の「社会的爆発」の危険性が高いと考えている。22%は同国の社会的大変動の脅威は低いと述べた。調査はBFMテレビのために行れたもの。

また、回答者の圧倒的多数は、国内の生活は改善されているというフランソワ・オランド大統領の意見に同意していない。

大統領は14日の演説で、経済成長率の増加、赤字低減と減税を例に、目に見えた改善がある、と述べた。

しかし世論調査では、オランド氏の意見に「完全に同意する」と述べたのは回答者の2%のみで、「ある程度同意する」が15%、「同意しない」が83%、「全然同意しない」が47%だった。

タグ
世論調査, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント