00:51 2020年07月10日
欧州
短縮 URL
2161
でフォローする

ドイツのバーバラ・ヘンドリックス環境大臣はベルギー当局がフランドル地方にあるドゥル原発3号機とワロニア地方にあるチアンジ原発2号機の一時停止を拒否したことに遺憾の意を表明した。オランダとルクセンブルクも追加の安全性確認が実施されるまで原子炉を停止するよう求めている。ベルガ通信が伝えた。

「ベルギー側がドイツ政府の再三の勧告を聞き入れないことを強く遺憾に思っている」と同氏。

近隣諸国は、ベルギーの原子力発電所が繰り返し技術的な不具合を起こし、原子炉の自動停止を起こしていること、また、一部原子炉の鋼殻の状態に懸念を抱いている。

ベルギーの連邦原子力安全庁は、ベルギーの原子力発電所の原子炉は最高の安全要件を満たしているとして、性急に近隣諸国を説得している。

タグ
原発, ベルギー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント