12:38 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    オランダ政府、原発事故に備えて国民用にヨード錠剤を買占め

    オランダ政府、原発事故に備えて国民用にヨード錠剤を買占め

    © Sputnik/ Ruslan Krivobok
    欧州
    短縮 URL
    253271

    オランダ政府がヨード含有の錠剤を1500万粒買い占めた。原発事故の際、原子力発電所付近の住民の甲状腺への放射線の影響を低めるのが目的。AFP通信が報じた。

    オランダ保健省のエディト・スヒップレス報道官によれば、錠剤はまず原発から半径100キロ以内に暮らす妊婦、未成年に配布され、残りは他の住民、観光客、労働者に与えられる。

    現時点でオランダで稼動している原発は南西部にあるボルセレ原発が唯一。だが、ヨード錠剤は隣国ドイツのエムスランド原発、ベルギーのドゥル原発、チアンジ原発に隣接した地域に暮らすオランダ国民にも配布される。

     

    タグ
    EU
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント