10:59 2021年02月26日
欧州
短縮 URL
3122
でフォローする

ドイツは、2022年までの脱原発決定後の経験を生かして、将来的に原発の廃炉技術を輸出することに期待している。同国のヘンドリクス環境・建設・原子力安全相が、共同通信とのインタビューで述べた。

共同通信によると、ヘンドリクス氏は「ドイツはこれまでに原発約20基と、30以上の研究用原子炉で廃炉作業を行っており、既に一部が完了した」と強調した。

ドイツのメルケル内閣は、日本の福島第1原子力発電所の事故の後、2022年までにドイツ国内にある17基の全原発の停止を決定した。不足分の電力は、環境に優しいエネルギー源とエネルギー効率の改善によって得る予定。

タグ
原発, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント