12:55 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    「ドイツのための選択肢」党大会でヒジャーブ禁止を求​​める

    「ドイツのための選択肢」党大会でヒジャーブ禁止を求​​める

    © REUTERS/ Goran Tomasevic
    欧州
    短縮 URL
    5343311

    シュトゥットガルトで開催された右派大衆政党「ドイツのための選択肢」党大会で移民の流入に対する障壁の導入を一例とするアンチ・イスラムマニフェストが採択され​​た。AFPが伝えた。

    3年前に形成されたばかりの同党はメルケル首相の移民政策に対する政治的抗議のマウスピースとなっている。調査によると、党はすでに国内で最も強力な政党の3つのうちに入っている。

    「イスラム教はドイツの一部ではない」と題した最終文書に党大会参加者2400人が署名。ヒジャーブを着て顔を覆ったりモスクを開いたりすることを禁止するよう当局に要請する決議が採択された。

    移民支持派が大会防止を試み、デモ隊数千人がタイヤに火をつけ、道路を人間の鎖で遮断し、約4時間続く警察との衝突が始まった。デモ隊は「難民は留まっていい、ナチスは出て行け」と唱えた。約400人のデモ隊が拘束された。

    タグ
    イスラム教, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント