09:13 2018年12月16日
バイエルン州当局 「マインカンプ」を学校のカリキュラムに含めるよう提案

バイエルン州当局 「マインカンプ」を学校のカリキュラムに含めるよう提案

© REUTERS / Fabrizio Bensch
欧州
短縮 URL
326

バイエルン州議会は、アドルフ・ヒトラーの著書「マインカンプ(わが 闘争)」を、学校のカリキュラムに含めることについての公聴会を開催した。Russia Todayが報じた。

議員たちは会合で、現代の歴史家たちの注釈付きの「マインカンプ」を、学校のカリキュラムに含めるかについて議論した。また、もし含まれることになった場合、教師たちは同書籍についてどのように語るべきかについて話し合った。

書籍をカリキュラムに含めることを支持する人々は、同書籍は歴史的プロセスの重要な一部であり、若者に国家社会主義思想への免疫力を持たせる必要があると述べている。

なおユダヤ人社会の代表者たちは、「マインカンプ」について、有用な知識は一切含まれておらず、反ユダヤ主義的な憎悪の真髄でしかないと主張している。

バイエルンの住民の多くは、再版が右翼思想への関心を高め、書籍の中の現代的な説明が、ヒトラーの考えの過ちについて読者を納得させられないのではないかと危惧している。

タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント