23:01 2017年03月24日
東京+ 6°C
モスクワ+ 8°C
    元ロンドン市長 EU指導部の目的をヒトラーおよびナポレオンと比較

    元ロンドン市長 EU指導部の目的をヒトラーおよびナポレオンと比較

    © AP Photo/ Kirsty Wigglesworth
    欧州
    短縮 URL
    3553141

    元ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏は、EUが強力な超大国をつくろうとして、ヒトラーと同じような目的を追求しているとの考えを表した。

    ジョンソン氏は、テレグラフ紙のインタビューで、EUの役人はアドルフ・ヒトラーが用いたのと異なる手段を使用しているが、彼らは欧州を一つの指導部の下で統一するという目的をヒトラーと共有していると述べた。

    ジョンソン氏は、「EUの悲惨な過ちが加盟国間の緊張悪化をもたらし、ドイツ当局の強化、ドイツによるイタリア経済に対する管理確立、ギリシャの『破壊』を可能とした」と指摘した。

    ジョンソン氏はまた、「ナポレオン、ヒトラー、様々な人々がこれを試し、悲劇で終わった」と述べ、「EUとは、これを他の方法で行なう試みだ」と指摘した。

    タグ
    英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      表向きヒトラーとナチスは欧米勢力とソ連によって打ち負かされたが、欧米勢力はもともとナチスとの深い関係を持つ者たちが多く、ナチス関係者を救済し、逆にナチスのさまざまな遺産を継承していると言われてきた。つまり、欧米NATO勢力はヒトラーのナチスの掲げた目標を継承し発展させようとしている、と見れるのだ。
      rockway.blog.shinobi.jp/Date/20120622

      ○ 大戦後、アメリカの支配層はナチスの残党や協力者の逃走を助け、保護、さらに雇用している。
      日本でも天皇制の維持を図り、軍や治安機関の幹部を守っている。そうした中には生体実験で悪名高い「関東軍防疫給水部本部」、いわゆる「満州第七三一部隊」の幹部も含まれ、この人脈が「薬害エイズ」につながった。 (櫻井ジャーナル)
    • avatar
      bokebokeboya
      これはあまりにも短絡的で、稚拙な論評だと思う。
      というのも、今でこそ創立の理想を忘れて、アメリカの飼い犬になり下がってしまっているが、そもそもパンヨーロピアン思想や第二次大戦の反省こそEU始まりであり、侵略者と同格に扱うことはするべきではないと思う。
      寧ろ大英帝国こそ、侵略性が高かったのではないかと思う。
    新しいコメントを読む (0)