04:53 2017年09月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 9°C
    フィンランド軍

    フィンランド市民 自国軍の演習を敵の侵攻と勘違い

    © 写真: U.S. Army Europe Images
    欧州
    短縮 URL
    2182670

    フィンランドのカムショルメン・ビヤルネ・ヴィンベルゲア島の住民とその周辺の人々は、夜中に軍艦がやってきて、岸に軍人達を上陸させたのを見て仰天した。

    ある男性は、家を飛び出て「敵が侵攻してきた」と知らせるため急いでフィンランド本土にボートで向かったという。しかしその後、この「侵攻」騒ぎはフィンランド軍のミスからでたものだったことが判明した。

    新聞「デイリー・メール」の報道によれば、夜中に上陸したのは、フィンランド軍が行っている軍事演習参加者の一部だった。しかし、軍は、この演習実施について現地の住民に事前に伝えることをすっかり忘れていた。

    なお地元のマスコミ報道では、夜中の上陸作戦の過程で、フィンランド兵が、上陸の場所を誤ったのではないかとの説もある。

     

     

    タグ
    フィンランド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント