03:48 2021年04月21日
欧州
短縮 URL
1217
でフォローする

ドイツのメルケル首相はベルリンで開かれた会議で、外部からの脅威により、ドイツは防衛費を増額する方針だと発表した。ロイター通信が報じた。

メルケル首相は、EUは現在外部の脅威から自らを守ることができない状態にあり、米国との大西洋横断パートナーシップに単に期待することはできないと指摘した。

メルケル首相は、「もちろんこれはドイツのような現在GDPのおよそ1.2パーセントを防衛に費やしている国と、GDPの3.4パーセントを防衛に費やしている米国が近づくことになることを意味している」と述べた。

先に、ドイツ当局がEUの他の加盟国の市民を自国軍に採用することを計画していると報じられた。

タグ
武器・兵器, アンゲラ・メルケル, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント