06:51 2020年07月12日
欧州
短縮 URL
0 55
でフォローする

ローマ法王フランシスコは、キリスト教徒とローマ・カトリック教会は性的少数者へのこれまでの態度について同性愛者の人々に許しを請うべきだと述べた。ロイター通信が報じた。

ローマ法王は、同性愛者を差別してはならず、尊敬しなければならないと強調し、「もしこれ(同性愛)が人間の状態であり、その人が善意を持ち、神を求めているのであれば、誰に裁くことができるだろうか?」と指摘した。

ローマ・カトリック教会の観点から同性愛的傾向は罪ではないが、同性愛行為は罪とみなされている。

 

 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント