10:49 2021年10月19日
欧州
短縮 URL
2211
でフォローする

先日、凄惨なテロを経験した仏南部のニースで、海岸でイスラム女性信者用の水着「ブルキニ」を着用していた女性に地元の警官らが水着を脱ぐよう強要。デイリーメール紙が報じた。

報道によれば、ニースのイギリス海岸でブルキニを着用していたイスラム女性信者を警官4人が取り囲み、水着を取るよう強制した。ブルキニはイスラム女性信者の間で多く用いられている水着で顔と手足の先しか露出していない。

他の情報では、警察は女性に海岸での服装の規則を説明し、38ユーロの罰金を強要している。

ニースではテロ事件の後、一連のコミューンでブルキニの着用が禁じられた。マヌエリ仏首相もこうした禁止令を出した市長らを支持している。

先に伝えられたところによると、日本の衣料品メーカー「ユニクロ」が、英国でイスラム教徒の女性向けの衣類の販売を開始した。

関連:

女性は人間か?‐サウジアラビアの学者が解明
エジプト、イスラム教侮辱罪で少年らに禁固刑
タグ
フランス, イスラム教
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント