07:27 2020年03月30日
欧州
短縮 URL
1341
でフォローする

フランスの政党「国民戦線」の党首マリーヌ・ル・ペン氏は、CNNのインタビューで、ヒラリー・クリントン氏の米大統領選出はフランスの関心に応えないと述べた。

ル・ペン氏は、「フランスにとっては誰でもかまわないが、ヒラリー・クリントン氏はごめんだ。私の見たところ、ヒラリー・クリントン氏は戦争をもたらす。これは世界的な不安定を意味することになる」と語った。

ル・ペン氏は今年7月の仏紙Le Parisienのインタビューで、共和党の米大統領候補者ドナルド・トランプ氏への支持を語ったという。
またル・ペン氏はCNNのインタビューで、自分とトランプ氏は似ていると伝え、誰からも束縛を受けずに独立しているところが2人を結びつけていると述べた。

先に伝えられたところによると、オランド仏大統領はロシアとの関係の悪化を後悔し、対露制裁の撤廃は共通の国益と指摘する声明を表した

関連:

マリーヌ・ル・ペン氏、ロシアに対する制裁の不条理を説明
マリーヌ・ル・ペン氏、移民を奴隷化しようとしているとしてドイツを非難
タグ
ヒラリー・クリントン, マリーヌ・ル・ペン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント