05:00 2017年09月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 9°C
    イタリア・サルデーニャ島 軽自動車が人ごみに突っ込み約30人負傷

    イタリア・サルデーニャ島 軽自動車が人ごみに突っ込み約30人負傷

    © AFP 2017/ Jean-Pierre Clatot
    欧州
    短縮 URL
    0 57002

    イタリア・サルデーニャ島の町ヌーオロで、軽自動車が人ごみに突っ込み、11カ月の赤ちゃんを含め約30人が負傷した。ADNクロノス通信が伝えた。

    木曜から金曜にかけての深夜、町の通りには、地元のお祭りでたくさんの人々が繰り出していた。そんな中、町のメインストリートで、小型車フィアット・パンダに乗った43歳の獣医コンスタンチーノ・ガッティ氏が運転を誤り、群衆の中に突っ込んだ。

    その結果、およそ30人が重軽傷を負った。事故後、獣医の車は人々に取り囲まれ、彼は車の中から引きずり出され、何者かによってナイフで身体の4か所を刺された。

    獣医はその後、病院に搬送され、そこで治安機関職員の監視下に置かれている。

    先に伝えられたところによると、モスクワの空港で金のネックレス約3キロを持った日本人が拘束された

    関連:

    イタリア首相 メルケル首相を野生の魚から救いヨットから転落
    イタリア 地震の後がれきの中に5日間取り残された猫を消防士たちが救出(動画)
    タグ
    事件, イタリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント