13:02 2021年08月03日
欧州
短縮 URL
4144
でフォローする

米国と英国は、アレッポ周辺の情勢緊迫化を理由に、シリアとロシアに対して経済制裁を導入することを検討している。ボリス・ジョンソン英外相とジョン・ケリー米国務長官が述べた。

ジョンソン外相は英ロンドンで開かれたシリア情勢を巡る外相会談の場で、次のように述べた。「我々はアサド政権、ロシア、イランに対する圧力を下げるべきではない。我々はこの圧力を強めるべきだ」

ジョンソン外相は制裁は経済的性格を帯びる可能性があると述べた。

同外相は次のように付け加えた。

「アサド大統領とロシアはシリアでの紛争に勝てない」

先に伝えられたところでは、シリアのアサド大統領は現在の世界の状況は冷戦に近いとする一方でグローバル紛争に突入する恐れも感じられるとの見方を表していた。

関連:

インディペンデント紙、英国の中東政策は偽善と批判
露外務省、英外相の「在ロンドン露大使館前でピケを!」の呼びかけに冷静な返答
タグ
シリア, 英国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント