18:48 2021年01月19日
欧州
短縮 URL
3136
でフォローする

フランスのオランド大統領はシリア情勢に鑑み、ロシアへの圧力を弱める意向はないが、シリア紛争を討議するためプーチン大統領を受け入れる用意は変わらずある、と述べた。フランス地方紙の情報としてロイターが伝えた。

「プーチン大統領は真剣にシリアについて討議する気がない。私は常にその用意があるが、圧力を弱めはしない」とオランド氏。
氏はさらに、空爆停止と停戦、人道支援と交渉再開が絶対的最優先だ、とした。

ロシアのプーチン大統領は11日、10月19日に予定のフランス訪問を拒否

プーチン大統領のこの決定は前日の10日、オランド大統領がプーチン大統領との会談を拒否する考えであることが明らかにされたあとなされたもの。

関連:

プーチン大統領 オランド大統領との会談を拒否
プーチン大統領、メルケル独首相、オランド仏大統領がウクライナ情勢を会談
タグ
フランソワ・オランド, ロシア, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント