02:59 2019年12月16日
メルケル首相:ロシアはアサド大統領に圧力かける必要

メルケル首相:ロシアはアサド大統領に圧力かける必要

© Sputnik / Sergey Guneev
欧州
短縮 URL
4027
でフォローする

ベルリンで行われたロシア、ドイツ、フランス首脳らによる会談は、ハードで困難なものだったとし、メルケル首相が次のように述べた。

「我々は今、プーチン大統領を交えた3者会談でシリア情勢について話し合った。これはハードで困難な会談だった」

メルケル首相は、民間人をテロリストから引き離すためにはシリアでの爆撃を停止する必要があると付け加え、次のように述べた。

「シリアで行われている爆撃は非人道的だ。我々は、このような爆撃が行われているときに民間人とテロリストを分けることはできないと確信している」

メルケル首相はまた、ロシア政府がシリアのアサド大統領に、アレッポでの民間人の安全を保証するように圧力をかける必要があると述べた。

関連:

ロシア国防省、シリアのアレッポへの空爆停止を声明
シリア大統領、状況は冷戦に酷似、だが第3次大戦の匂いも漂う
ジャーナリスト、シリアに関する質問で米国務省報道官を窮地に立たせる(動画)
タグ
アンゲラ・メルケル, シリア, フランス, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント