18:52 2021年01月19日
欧州
短縮 URL
0 90
でフォローする

フランスで、オランド大統領の車列が関わり、83歳の男性が死亡した事故が反響を呼んでいる。現在は調査が行われている。スッドウエストが伝えた。

事故は11月8日にフランスのラ・ロシェル市付近で発生した。 83歳のマルセル・ブリシュ氏がBMWを運転していたところ、オランド大統領の車列が通りかかった。護衛車が道を空けるよう要請すると、同氏は運転を誤り前を走っていた車に追突、その車がさらに前の車と追突した。

同氏は事故で頚椎を骨折、数日後に心停止で死亡した。

故人の息子が訴訟を起こし、事態の究明を求めている。

関連:

プーチン大統領、オランド大統領とメルケル首相との会談行う
オランド大統領の美容師と仏閣僚の給与はほぼ同額
タグ
フランソワ・オランド, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント