20:00 2017年12月11日
東京+ 13°C
モスクワ+ 2°C
    英国キャサリン公爵夫人、息子の将来のために女王エリザベス2世の意思に背く

    英国キャサリン公爵夫人、息子の将来のために女王エリザベス2世の意思に背く

    © AFP 2017/
    欧州
    短縮 URL
    3170

    英国ケンブリッジ公爵のキャサリン夫人とウィリアム王子はまた英国王室の伝統規範に背こうとしている。ふたりは長男のジョージ王子を父親のウィリアム王子やその弟のハリー王子も通った学校とは違う施設に通わせたいとしているからだ。英国のdailymail.co.ukが報じた。

    ♕ Favourite Photo of Catherine with HM The Queen.♡. #katemiddleton #duchessofcambridge #queenelizabethii

    Фото опубликовано The Cambridges. (@thecambridgespage) Янв 9 2017 в 9:44 PST

    今年7月に4歳の誕生日を迎えるジョージ王子は本来であればノッティングヒルにあるウェザビー・スクールに通うことになっている。ところが同校は有名人の子弟がますます増えたためにパパラッチが集団で押し寄せるようになってしまった。また裕福な家庭で甘やかされた子どもたちは素行もお世辞にもよいとはいえない。

    最終的にジョージ王子は別の学校に通うことが明らかにされた。王子の両親の選んだ学校は格段に規模が小さく、人目のつかない落ち着いた場所にある。また家族の引越し先とされるケンジントン宮殿から文字通り徒歩5分と近い。

    関連:

    バッキンガム宮殿警備員、エリザベス女王を射殺しかける
    エリザベス女王の元宮殿管理人、5年間の刑務所送り
    タグ
    英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント